スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11、おやつ→打ち上げ

Category : 第8回・おとなの遠足
無事鞍月用水スタートの地へたどり着いたので、ここはひとつおやつでも


1_2014052601033307e.jpg





犀川沿いのペンションでコーヒータイム


2_20140526010334d1a.jpg




そしてまいどさん、最後の解説の場、『おぎん、こきん』の物語。



3_20140526010336bbe.jpg


たーさん、ありがとうございました。
今回の遠足も最高に素晴らしかったです。

金沢の町、まだまだ知らないことが埋まっているはず。

一生住んでいく予定ですので、またよろしくお願いいたします。


4_20140526010337551.jpg


フラットバスで片町へ。


打ち上げまでの時間調整で21世紀美術館の無料展示(なんと贅沢な!)


5_2014052601033902d.jpg


柿の木畠のビストロで乾杯!


6_2014052601035101b.jpg


また次回、みんなで遠足しようね。



スポンサーサイト

10、終了間近

Category : 第8回・おとなの遠足
マギー司郎一門の人だと思う

1_2014052600535873a.jpg







このあたりはすてきなお寺が多い



2_20140526005359b72.jpg





こちらは藤棚が有名なお寺

3_201405260054012a9.jpg





『上菊橋』は「カミキクバシ」と発音するけど表記は『かみきくはし』

川が濁らないように、との願いをこめてだそうな


4_20140526005402b99.jpg






で、ここが鞍月用水スタート地点

5_201405260054047da.jpg

意外にあっさりとw


9、幸町のあたり

Category : 第8回・おとなの遠足
裏通りをてくてく歩く

1_201405260014101ab.jpg



わりとあちこちにある“思案橋”

たいがい家に帰ろうか飲みにでようか、ここらが思案のしどころなんだよね


2_20140526001412961.jpg



ボケ封じ観音


3_2014052600141316b.jpg





こんなに細くなってしまった鞍月用水



4_20140526001414f7c.jpg




この銅像作った人はかの悪名高きハニベ岩窟堂を作ったおやじだ



5_201405260014168a4.jpg







地味に六差路(か七差路)




6_20140526001428203.jpg






平木屋さんの染物は




7_2014052600143097b.jpg






すぐ裏手のこんなこじんまりした鞍月用水で洗うのだそうです

10_20140526001431db2.jpg




8、けだるい午後

Category : 第8回・おとなの遠足
食いすぎだ~~、ふくれたお腹をゆすりながら遠足再スタート




1_201405250839039e4.jpg



中村記念館を抜けて滝見物




2_20140525083904003.jpg




緑の小道を抜けて



鈴木大拙館見物




3_20140525083906034.jpg




鈴木大拙館を抜けて





4_2014052508390793a.jpg




陶芸教室と





5_20140525083909e91.jpg



MRO裏の庭園を鑑賞



まいどさんの腰のスピーカーに注目!

今回の新兵器




6_20140525083921e35.jpg



何度か甲子園に出ている有名校



7_20140525083922019.jpg



鞍月用水の取水口へむけ旅はまだ続く



7、昼食

Category : 第8回・おとなの遠足
普通遠足のお昼といえばお弁当に決まってますが、さすがにおとなの遠足はお店で食べます。

1_201405221549511e9.jpg


なんとなく、お水で乾杯。







2_20140522154952bdc.jpg




ひとり一品、自分で食べるのを決めて(僕は坦々麺)、

あとは回るテーブルで取り分け料理を何品か。



3_20140522154953a1a.jpg




中華クラゲ、






4_2014052215495505b.jpg



焼き餃子、






5_20140522154956f1b.jpg


ユーリンチーに、






6_20140522155005e7c.jpg

レタスチャーハン大盛り!!


満腹大王。


6、せせらぎ通り→柿の木畠

Category : 第8回・おとなの遠足
精霊病院を後にし鞍月用水をさらに遡る。

このあたりはいわゆる“せせらぎ通り”。


1_20140522095217de1.jpg





おっと、こんなところに金沢でもっとも良心的といわれる創作和食の店が!



2_201405220952174aa.jpg






繁華街に近づいてきました



3_20140522095219af0.jpg




香林坊109を装飾するこんな水の流れも鞍月用水から引き込んだ水だそうです


4_201405220952204b1.jpg




この先、香林坊交差点はさすがの山出市長も蓋をあけることはできず暗渠。

柿の木畠付近でふたたび顔を出します。

このあたりが柿の木畠と呼ばれる由来ですが、まあ普通に柿の木が植わっていたんだそうです。

なんで柿の木かというと、柿は食べると美味しいから、というのももちろん、火の用心、火事鎮火のおまじないの意味もあったんだそうで。

昔の歌人、柿本人麻呂・・・ひとまろ・・・ひとまる・・・柿で火止まる・・・う~ん、なるほど。

5_20140522095222236.jpg



さ~~てお昼ごはんだ!



6_20140522095231bd8.jpg





5、聖霊病院聖堂

Category : 第8回・おとなの遠足
うちの長女もこの病院で産まれたんだけど、



1_20140522085351976.jpg




聖堂に入るのは初めて。


2_20140522085353199.jpg



うわ~、なんだ、すごいじゃないか!!


3_201405220853542d4.jpg



さすがまいどさん、シスターの解説を頼んでくれてあった。

いわく、この建物は昭和6年の建築、スイス人の宣教師が設計したロマネスコ様式。

普通は柱は石なんだけど、ここは丸太に地元の漆を厚く塗ってある。

アクセントとなっている群青色は金沢のお座敷の色。

「お座敷には真っ赤というのもあって、そっちじゃなくてよかったな~って思ってるんです」シスター。

祭壇の十字架は当時近所の獅子頭職人が彫ったという。

4_2014052208535564c.jpg






古びた人形もすばらしい。


5_20140522085357520.jpg




「ステンドグラスにもいろいろありますが、ここのはとても落ち着いていてすばらしいです」


7_20140522085413981.jpg






「窓を開閉する器具も当時のままです。これはどんな雨の日に開けていても雨水が入ってこないんですよ」



6_201405220854129f4.jpg









現役の懺悔室

神父席の足元には小型の温風ヒーターが置いてあったが、これはもちろん最近のものであると思われる


8_201405220854155fa.jpg








もともとは全面畳敷きであった








9_201405220854165d4.jpg














どうですか?

お寺もいいけど、聖堂もいいですね~。

たくさんの人がヨーロッパへ教会を見にでかける気持ちがよくわかりました




10_20140522085418ce1.jpg






「のりさん懺悔しなよ」と言われて心から赦しを乞うてる写真が今フェイスブックのプロフィール画像に使われています。


11_201405220854326a6.jpg

友達申請はいつでもウエルカムです!



実に満ち足りた風情でお昼ご飯に向かうおとなの遠足御一行さまw。


1_201405220929031cd.jpg







4、用水散歩

Category : 第8回・おとなの遠足
山出 保(やまで たもつ、1931年11月27日 - )は、石川県金沢市出身の日本の元政治家。
石川県金沢市長(5期)、全国市長会会長(第26代)、石川県市長会会長などを歴任した。


2_20140521144851289.jpg




山出は市長在任中に様々な政策を実行してきた。中でも重点を置いてきたのが「歴史都市づくり」であった。住居表示制度で消滅した旧町名を復活させる「旧町名復活運動」を全国で先駆けて実施したことも知られている。

この他、在任中には以下の政策も実施した。

1_2014052114484921e.jpg



こまちなみ制度の創設
ご当地ナンバーの導入(金沢ナンバー)
交通網の整備(金沢ふらっとバス、北鉄金沢駅の地下化など)
金沢駅東口の整備・再開発
金沢市民芸術村の開設・金沢職人大学校の創設
美術館・博物館の整備(金沢21世紀美術館、金沢能楽美術館、室生犀星記念館など)




3_20140521144852ca4.jpg


さらにほとんど暗渠化していた各用水の蓋を開けた

この功績は大きいね!

緑があり、用水の流れる町、金沢。

山出さんがやったのか~。


4_20140521144853aef.jpg

これ↑なんて言ったっけ?

用水の上に路を作って行き止まりをなくし、遊歩道として整備した。



大昔は用水に降りて洗濯とかしていたなごり。

5_20140521144855889.jpg




いい季節だね~。

みなさんも遠足しない?



6_201405211449075cd.jpg


三谷産業という会社。

昔この場所にはあのNIKKOがあったんだって。


7_20140521144909de2.jpg






用水もいいが、やはり送水口もいいね。


8_20140521144910248.jpg




鞍月用水碑


9_20140521144912f33.jpg



では次ぎ、本日の目玉企画へ





3、アートなお寺とか

Category : 第8回・おとなの遠足
1_20140521142235d74.jpg




鞍月用水を転がってきた戸室石を掘り出したというレリーフ(右)。


2_201405211422368e3.jpg




アートatお寺


3_201405211422384e9.jpg



これはなんだろうね~。

4_20140521142239559.jpg



真言宗の秘法、愛欲の像

5_2014052114224046f.jpg




ドクダミ香る祠


6_201405211422509ee.jpg





なにジロジロ見てんのよ~

7_201405211422517ad.jpg


2、三社のどんど

Category : 第8回・おとなの遠足
遠足中、食べ物屋さんがあると誰かしら解説をいれてくる。
ここの焼肉もとてもおいしいんだって。

1_201405211321560d4.jpg


水がドボドボ落ちてきてそのうるさい音が、


2_201405211321580d5.jpg

どんど。

みたこともない字ですなぁ。

3_201405211321592a9.jpg




青木芳斉は槍の名手。
当時そこに住んでた有力者の名前がそのまま地名となっている場所はとても多いそうである。



4_20140521132201f24.jpg




今や外人バックパッカーの聖地、ポンギー。

ポンギーとは坊さんのこと。

東京には6人の坊さんが住んでた町がありますね。

5_20140521132202659.jpg



勝尾半左衛門は二代藩主利長の女に手を出した何某を斬ったという人物。

返り討ちにあいそうになったが懐に入れていた鏡に相手の刀があたりセーフであったという、なかなかにラッキーな男である。

そんな男を記念して橋の名に。

6_201405211322133d0.jpg


この寺のこのお地蔵さんの祠の台座の中にはおよそ3万個ものお経を書いた石が収められています。

7_20140521132214a65.jpg

だからなんだ?と言われても困りますが。

遠足は続く。


プロフィール

金澤もんよう・ひとり親方、山本

ブログの作者:金澤もんよう・ひとり親方、山本


“よろずてづくり・金澤もんよう”トップクリエーター。

模様画、オーブン陶土、彩色粘土、篆刻、裁縫、ZIN製作などちょっとアート。

本業は和食の料理人。66年早生まれO型。

趣味の写真はリコーのGX200→
2011年12月よりほぼOLYMPUS PEN E-PL2を使用。

レンズは
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
の3本で勝負!

撮った以上は無理やり見ていただく『寝床』プロジェクト実施中。


◎料理の写真は→こちら


カテゴリ
twitter
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログランキング
click ↓ 
FC2カウンター
『寝床』のQRコード
簡単アクセス!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。