スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物

Category : 写真
黄色いの

アリストテレスは、植物を、代謝と生殖はするが移動せず感覚はないものと定義した。代謝と生殖をしないものは無生物であり、移動し感覚のあるものは動物である。ただしこれは、リンネ以来の近代的な分類学のように、生物を分類群にカテゴライズするのとは異なり、無生物から生物を経て人間(あるいはさらに神)へ至る「自然の連続 (συνέχεια)」の中に区切りを設けたものである。たとえばカイメンなどは、植物と動物の中間的な生物と考えられた。













もみじ

カール・フォン・リンネは、すべての生物をベシタブリア Vegetabilia 界(植物)と動物 Animalia 界(動物)に分けた。これが二界説である。

当時の植物には、現在は(広義でも)植物に含められない褐藻や真菌類を含んでいた。ただし、微生物についてはまだほとんど知られていなかった。
















 ぶろっこり

微生物が発見されてくると、次のような植物的特徴を多く持つものは植物に、そうではないものは動物に分類された。

光合成をする。
細胞壁をもち、多細胞のものは先端成長をする。
非運動性。
















赤いの

こうして拡大してきた植物には、現在から見れば次のような雑多な生物が含まれていた。

陸上植物・多細胞藻類 - 緑色植物、紅藻など。典型的な植物。
単細胞藻類 - 光合成をするが、細胞壁のないものや運動性のものもいる。
真菌 - 光合成はしないが、細胞壁を持ち、非運動性。
細菌・古細菌 - 一部は光合成を行うが、しないものの方が多い。細胞壁を持つ。運動性のものも多い。


(Wikipediaより)

プロフィール

金澤もんよう・ひとり親方、山本

ブログの作者:金澤もんよう・ひとり親方、山本


“よろずてづくり・金澤もんよう”トップクリエーター。

模様画、オーブン陶土、彩色粘土、篆刻、裁縫、ZIN製作などちょっとアート。

本業は和食の料理人。66年早生まれO型。

趣味の写真はリコーのGX200→
2011年12月よりほぼOLYMPUS PEN E-PL2を使用。

レンズは
M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8
M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
の3本で勝負!

撮った以上は無理やり見ていただく『寝床』プロジェクト実施中。


◎料理の写真は→こちら


カテゴリ
twitter
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブログランキング
click ↓ 
FC2カウンター
『寝床』のQRコード
簡単アクセス!
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。